トマトは永遠のライバル

湯のまち別府で暮らしています。

播磨灘物語読了しました

 

本日、『播磨灘物語』全巻読了しました。

2巻以上続く本はある程度期間を置かずに読まないと内容を忘れてしまいそうになります。

 

新装版 播磨灘物語(4) (講談社文庫)

新装版 播磨灘物語(4) (講談社文庫)

 

 

山崎の戦いまで詳しく書いて、黒田如水とあらためて隠居した部分は流すように書いていましたね。

「魔術のように」九州で兵力をかき集めたところ、本文も魔術のように書き流していて勢いがありました。眼がさめるように清々しい本でした。

 

牢に入れられたときの、黒田 官兵衛が藤の蕾を見て生命について考えている場面が一番印象に残りました。

 

黒田 官兵衛のように礼儀正しく他人に思いやりを持っていきたいとは、おこがましくて言えませんが(官兵衛とは人間力が違いすぎるから)、この本を読んだことで普段の緩みきった自分から少しでも変わることができるように、自省しながら生活していきたいです。

 

次は新潮文庫の『新史 太閤記』を読もうと思っています。

今日少し読み進めましたが、講談社文庫は文字が大きかったので、新潮文庫の文字の小ささに少し驚きました。