トマトは永遠のライバル

湯のまち別府で暮らしています。

播磨灘物語

 

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

 

 

一ヶ月前から休日に時間をとって読んでいます。ページをめくり続けてやっと最終巻(4巻)。

 

黒田 官兵衛の生涯を主軸に、戦国時代を捉えています。

明智光秀の謀反で織田信長が打ち取られて羽柴秀吉が大泣きしているところまで読みました。

最終巻でこのペースだと、九州征伐のことはあまり書かれていないのかな?

賢すぎるから危険人物と思われないように上司や周りに気を配っているけれど、それが皮肉っぽくないところが素敵です。

 

明日には読み終えて、その次は『太閤記』でも読もうかなと思います。